Chaos Strikes Back ストーリー概要


前作、偉大なる魔法使いグレイロード(Grey Lord)は
パワージェムの暴走により、ロードカオス(Lord Chaos)と
ロードリブラスルス(Lord Order)の二人に分裂してしまった。
グレイロードの弟子セロンは、カオスに挑み鏡に封印されてしまった
4人の勇者達を蘇らせる。そして彼らの活躍により、カオスとリブラスルスは
パワージェムによって真の力を得た炎の杖により融合され、
グレイロードは元の体に戻る事が出来たのだった。


この事件の後、勇者達はグレイロードに再び呼ばれる事になる。
カオスは生きている、グレイロードの口から出た言葉は彼らを驚かせた。
グレイロードはカオスの夢を見てその存在に気付いたという。その夢によると、
カオスは勇者達に融合される以前に、秘密のダンジョンを作っていた。
そしてそこに破壊をもたらすフル・ヤの炉(Fulya Forge)を作り
己の魂の一部を隠していた、と言うのだ。
カオスはフル・ヤの炉から4つのコーバム(Corbum)と呼ばれる鉱石を採掘した。
そしてコーバムの、マナを無尽蔵に得られると言う力を使ってグレイロードから完全に離れた
一個の存在として己を確立させる為にその秘密のダンジョンで確実に力を蓄えている。

4つのコーバムはそれぞれDeath Squareと呼ばれる柱に安置されており、
それは秘密のダンジョンの中にある4つの迷宮それぞれの最終地点に当たる場所になる。
4つの迷宮はWarrior、Ninja、Wizard、およびPriestに基づいた迷宮で構成されている。
これらはカオスが調和を旨とするグレイロードを皮肉って作ったものなのだ。
グレイロードは前回の事件の後、炎の杖の強力すぎる力を懸念して杖を破壊してしまった。
故にカオスの野望を止める手段は唯一つ、4つのコーバムを破壊する事。
そして勇者達は再びカオスの迷宮に挑む。